高校中退だけど教師になりたい!

高校を中退しているけれど教師になりたいと考えている人も、近年では少しずつ増えてきているようです。
ただ、自分が高校中退してしまっているからなれないのではないか、なんて不安に思っている人が多いみたいですね。
きちんと高校へ通って高卒の資格を取得するところから始まるので、教師になるまでには時間がかかってしまいます。
全てが順調にいった時のことをしっかり考えてから、今後どのように行動を起こすべきなのか判断するようにしてみて下さい。


高校中退でダメな理由は?

面接の際決して言ってはいけない理由があって、それは「高校の授業がつまらない」・「入学試験が無いから通信制にした」というもの。
これから教師として採用しようかと考えている人物が、そんなことを話してしまうと不採用にされてしまいます。
自分は教員に向いているというアピールをすることが大事なので、当日までにイメージトレーニングしておくことをおすすめします。
高校中退していても、必死に勉強して国家資格を取得することが出来れば、教師として活躍することが出来るんですよ。


やりたいことを見つけよう

例え、高校を中退したとしてもそれで何かが大きく変わるという事は無いのではないでしょうか?
確かに、社会へ出た時不利になってしまう事も多いでしょうが、大事なのは自分が今後どのようにしていきたいのかという事です。
高卒の資格が欲しい場合は、試験やそのための学校もありますし、手に職を付けるために資格を取得するのもいいと思いますよ。

This entry was posted in 高校中退. Bookmark the permalink.

Comments are closed.